一戸建ての水道工事引き込みについて

一戸建てを新築する時、住宅の間取りやデザイン、設備に関連する打ち合わせや工事だけを行うわけではありません。ライフラインである電気やガス、水道の引き込み工事も一緒に行われます。整備されていないと快適に暮らすことができないこれらのライフラインの引き込み工事ですが、ここでは水道の引き込みについて説明します。

■土地を購入した後に行うのが引き込み作業

住宅を建てるために必要な土地を購入する際は、土地の代金の他にも仲介手数料などが必要になりますし、取得税なども発生します。そして意外と忘れられがちになっているのが上下水道の引き込み工事です。土地そのものに上水道が引き込まれていない場合は個人の負担で引き込みを行わなければなりません。土地の前にある道路には水を供給するための配管が通っていますので、道路のアスファルトを切り、土地の中に引き込む作業が発生します。
古くからある土地、もともと住宅があった土地の場合はすでに引き込みが行われている場合もあります。しかし中には配管などの給水装置が古くて使用することができない場合もあり、結局は引き込みを行わなければならないこともあります。

■水道の引き込みはどのような工事なのか
新築で引き込みを行う場合、道路の中に埋め込まれている本管が路地側にあるのか、反対側にあるのかによって変わりますし、土地の前まで本管が来ていない場合はさらに費用がかかることになります。また距離も費用を出す時の目安になりますが、道路の形状なども大きなポイントとなります。

■一戸建ての給水設備の工事内容とは

新築の場合、住宅を建てる土地に水道が引き込まれていない場合は別途工事が必要になります。その内容としては台所などの設備聞きの設置工事、給水メーターや給水ボックスの設置、給湯管の設置などです。




■まとめ
住宅を新しく建てる際は様々なところで費用が発生します。打ち合わせも必要になることからライフラインに関する内容は忘れてしまいがちですが、住宅を建てる土地に位置から引き込みを行うとなれば、それだけ費用もかさんでしまうことを知っておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ