水道工事に資格は必要?

住宅を建てる際の水道の引き込みや普段暮らしている中で起こる水のトラブルの解決など、水道に関する工事を依頼する際に資格が必要なのを知っている人は少なくありません。作業自体は無資格でも行うことができますが、状況に応じていくつか必要な資格があります。

■工事をするには資格が必要?

一般家庭の水に関する工事と一言で言っても様々な作業を行うことから、それに応じて必要な資格も変わってくるのですが、水に関する作業を行う時に必要になってくるのが給水装置工事主任技術者です。これは水を引き込むための給水装置に関連する管理や作業に関連する人の技術上の指導監督などを行う国家資格であり、基本的に無資格でも作業を行うことができますが、法律によって監督者は必ずこの資格を有していることが定められています。

■下水道排水設備工事責任技術者という資格もある
生活の中で出る排水の設備の工事を行う指定工事店に認定されるためには、下水道排水設備工事責任技術者の資格が必要です。万が一トラブルが起こると依頼主だけではなく周辺の住民にも影響を及ぼしてしまう下水道に関する工事は、自治体の条例によって登録されている指定工事店でなければ依頼を受けることはできませんし、作業も行うことはできません。
つまり下水に関連する作業を請け負う業者にとって必要不可欠な資格となっています。全ての従業員が有していなければならないというわけではありませんが、この資格を持った技術者が専任される必要があります。

■資格を取得するメリットは豊富にある

作業自体は無資格でも行うことができるものも多いのですが、資格を取得しておくことで作業が正しく行われているかどうかを監督する役職につくことができますし、資格手当などもつくので収入のアップに繋がります。
国家資格であることから決して優しい試験内容ではなく、実務経験も必要になってくることから困難に感じる場合もありますが、就職に有利となる資格と言えます。

■まとめ
水に関連する作業を行う上で特別な資格は必要ないものの、技術監督や指定業者となるためにはいくつかの資格が必要になるため、取得しておくと就職や転職に非常に有利になります。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ